名無し提督の艦これ日誌

艦これの備忘録とか色々

初心者のための装備改修入門

f:id:nameless_admiral:20170531011159p:plain

 今回の記事は明石を入手して装備改修に手をつけたいものの、何をどれだけ改修すればわからない!と言う人のためのガイドラインです。

どれだけ改修すればいいの?

 なるべく無駄なく改修したいので、まず必要な装備の数を検討します。基本的な考え方としては、イベントで使う艦隊の装備を揃えることとします。
 以下は連合艦隊の編成の一例です。

■水上打撃部隊
第1艦隊:戦艦4、軽空2
第2艦隊:軽巡1、駆逐2、雷巡2、重巡1
■空母機動部隊
第1艦隊:戦艦2、正空4
第2艦隊:水上打撃部隊と同じ
■輸送護衛部隊
第1艦隊:水母2、駆逐4
第2艦隊:軽巡1、航巡(か重巡)2、駆逐3

 と言うことは、

  • 戦艦:4(主砲2+徹甲弾or三式弾+水偵)
  • 正空(と軽空):4(艦戦2+艦攻2)
  • 重巡(と航巡):2(主砲2+電探or三式弾+水偵or瑞雲)
  • 雷巡:2(主砲2+甲標的
  • 軽巡:2(主砲2+電探)
  • 駆逐:7(主砲2+電探)(輸送第1はドラム缶3)
  • 水母:2(瑞雲2+甲標的1)

 最低限これだけあれば連合艦隊は組めることになります。
 これに加えて潜水艦ボスのマップを想定して対潜装備を整えます。通常艦隊で軽巡駆逐艦にソナー2、爆雷1を用意します。

 従って、最低限の装備の数は以下の通りとなります。

  • 戦艦用主砲:8
  • 重巡・航巡用主砲:4
  • 軽巡・雷巡用主砲:6
  • 駆逐艦用主砲:14
  • 徹甲弾:5
  • 三式弾:6
  • 甲標的:2
  • 魚雷:6
  • 水偵:5
  • 瑞雲:8
  • 艦戦:8
  • 艦攻:8
  • ドラム缶:15
  • 電探:10
  • ソナー:12
  • 爆雷:6

 さらに支援艦隊用の装備を用意しておきます。砲撃支援2艦隊分を想定して、戦艦4、空母4、駆逐艦4とします。

  • 戦艦:4(主砲2+電探2)
  • 空母:4(艦爆2+電探2)
  • 駆逐:4(電探3)

 よって必要な装備は以下の通りです。ただし、支援艦隊は改修効果が反映されないので、これらは数さえ揃えておけばOK。

  • 戦艦用主砲:8
  • 艦爆:8
  • 小型電探:12
  • 大型電探:16

 なお、現時点では支援艦隊にはフィット補正がないようなので、開発可能な戦艦用主砲としては46cmがベストとなります。同様に大型電探は32号電探、小型電探は33号が望ましいですが、一度に揃えようと思うと莫大な資材が必要になるので、徐々に数を揃えていくことをお勧めします。

どこまで改修すればいいの?

 まずは全部に★1をつけます。それから★4まで改修。一通り改修できたら今度は★9まで改修、と言うように必要な装備を満遍なく改修していくのがお勧めです。

何を改修すればいいの?

 続いて各兵装ごとのお勧め装備を挙げていきます。

■戦艦用主砲

35.6cm連装砲

【優先度☆☆☆】初心者のうちは主戦力になるであろう金剛型・伊勢型・扶桑型の初期装備。★6までは要求されるネジが1個だけと安いのも魅力です。また、ネジに余裕ができた場合は上位の試製35.6cm三連装砲に更新できるので無駄になりません。

 その他の改修候補

38cm連装砲改

【優先度☆☆☆】Bismarck dreiが持参する主砲。軽量級の戦艦主砲としては最上級。幸運にもBismarckが建造できたら改修しておきましょう。

試製41cm三連装砲

【優先度☆☆】扶桑型が改二になると持参します。ミドルクラスの主砲としては高性能なので改修する価値は高いです。

重巡・航巡用主砲

20.3cm(2号)連装砲

【優先度☆☆】多くの重巡が改二になると持参します。3号砲に比べると夜戦での重巡補正がかからないのは痛いが、数を揃えやすいのでお勧めです。

 その他の改修候補

20.3cm(3号)連装砲

【優先度☆☆】三隈改と衣笠・利根・筑摩が改二で持参します。重巡・航巡用の主砲としては最上級ですが、入手性が低いです。手に入ったら改修しておきたいです。

203mm/53 連装砲

 ザラ級の初期装備。射程が長になると言う特徴があり、またザラ級にフィット補正もあります。優先度は高くないが余裕があれば改修しておきましょう。

軽巡・雷巡用主砲

15.2cm連装砲

【優先度☆】阿賀野型、大淀の初期装備。阿賀野型は改でも持ってきます。どちらもドロップにしにくいので入手性は低いけど性能は高いです。確率はあまり高くありませんが開発も可能です。また、更新することによってさらに高性能な15.2cm連装砲改となります。

 その他の改修候補

 雷巡や阿武隈改二に甲標的を積むと昼戦で弾着観測射撃はできないので、副砲を2門積むと言う選択肢もあります。

 その場合はイタリア戦艦が持参するOTO 152mm三連装速射砲がベスト。改修することによる性能アップも見込めます。

駆逐艦用主砲

10cm高角砲+高射装置

【優先度☆☆】秋月型の初期装備。駆逐艦用の主砲としてはベストですが、秋月型そのものの入手難易度が高いので数を揃えるまでは大変です。

■強化弾

九一式徹甲弾

【優先度☆☆☆】開発によって入手可能な唯一の徹甲弾。これも★6まではネジ1で改修できるし、効果も高いので優先度は高いです。

一式徹甲弾

【優先度☆】九一式徹甲弾からの更新と任務によって入手可能ですが、ネジこそ安いものの★1から改修素材に九一式徹甲弾を要求するのが厳しいです。よって優先度はかなり低いです。

■魚雷

61cm四連装(酸素)魚雷

【優先度☆☆☆】一応開発も可能ですが、駆逐艦軽巡重巡の多くが持参するのであっという間に数は集まるでしょう。「酸素」のつかない61cm四連装魚雷と間違えないように。これも★6まではネジ1で改修できますし、夜戦での切り札になるので優先度は高いです。これも★maxから五連装魚雷に更新できるので無駄になりません。

 その他の改修候補

61cm五連装(酸素)魚雷

【優先度☆☆☆】雷巡が改二で持参します。特定の任務かランカー報酬でしか手に入らない61cm六連装(酸素)魚雷を除けば最上級装備ですが、数を揃えようと思うと大変です。手に入ったら改修しておきましょう。

■水偵

零式水上観測機

【優先度☆】大和型と瑞穂の初期装備。開発も可能です。優先度は決して高くないが、1つ改修しておくと高い索敵値を要求される海域で重宝します。

九八式水上偵察機(夜偵)

【優先度☆】川内改二の持参装備。これも優先度は決して高くありませんが、★maxまで改修すると未改修の零式水上観測機を超える索敵値+6.7となります。高い索敵値を要求される海域でも夜偵を入れられるので便利です。

■艦戦

 基本的には烈風を8機揃えておけばOK。
 ただ、例外として任務による機種転換をする場合があります。具体的には機種転換の場合は改修の★が受け継がれるので、最初に素材となる零式艦戦21型を★maxまで改修しておくと、任務報酬でもらえる零式艦戦21型(熟練)、あるいはその先の岩井隊や岩本隊も★maxになります。
 特に雲龍型の持参する零戦52型丙(六〇一空)は任務で烈風(六〇一空)に機種転換してしまうと改修ができなくなるので、その前に★maxにしておきましょう。

■電探

 電探の改修は他が一通り改修してからでOK、と言うくらい優先度は低いです。ただ、13号電探改の改修素材になるので、何人かの駆逐艦が改造すると持参してくる(改のつかない)13号電探はストックしておくことをお勧めします。

■対潜装備

三式水中探信儀

【優先度☆☆☆】開発できるソナーではこれが上位装備ですが、ハズレの九三式水中聴音機も四式水中聴音機の改修素材になるので捨てないでおきましょう。

三式爆雷投射機

【優先度☆☆】爆雷はこちらが上位装備。下位の九四式爆雷投射機は三式の数が揃ったら捨ててOK。


 以上の装備を全て★4まで改修することを最初の目標としましょう。その他の装備、

  • 三式弾
  • 甲標的
  • 瑞雲
  • 艦攻
  • ドラム缶

 これらは改修できないので数だけ揃えておけばOK。

 また改修の担当艦や消費資源等々は「明石の改修工廠早見表」さんがわかりやすいのでオススメです。

akashi-list.me