名無し提督の艦これ日誌

艦これの備忘録とか色々

大鷹改二の装備を考える

 春イベで実装された軽空母 春日丸。春日丸→大鷹→大鷹改→大鷹改二、と改造していくと強力な対潜艦へと成長します。

 大鷹はいくつかのユニークな特徴がありますが、対潜値65以上で対潜値のついている艦載機を積むことによって先制対潜攻撃を行えるのが最大の強みです。

 今回はEO1-5やイベントでの対潜攻撃に特化した編成を想定して、大鷹改二の対潜装備について考えてみました。

 例によって艦載機厨さんのサイト「艦これ電子計算儀倉庫」の艦隊シミュレーター&デッキビルダーで計算してみます。

f:id:nameless_admiral:20170612164450p:plain

f:id:nameless_admiral:20170612164503p:plain

  1. 艦攻×1 ソナー×1 爆雷投射機×1 爆雷×1
  2. 艦攻×2 ソナー×1 爆雷投射機×1
  3. 艦攻×3 ソナー×1
  4. 艦攻×4

 の4パターンの装備を考えてみました。

 1・2の装備は艦攻の数は違うものの対潜シナジーの効果でどちらも対潜威力のキャップ100に到達しています。3・4は艦攻は増えているのに対潜威力は落ちているのが分かります。

 続いて1-5ボスマスで出現するヨ級flagshipへのダメージを試算します。単横陣、同航戦と言う条件です。

 1の装備だとクリティカルを引かなくても一撃で沈められますが、2の装備だとクリティカルを引かないと沈められません。3の装備だとクリティカルを引いても無理。4だと装甲を抜けないようです。

 イベでのレギュラーになりつつある潜水棲姫へのダメージも試算します。

 1の装備だとクリティカルを引かないでも何とかダメージを与えられますが、2〜4だとどうにもならない、と言った感じです。

 と言うわけで、対潜攻撃だけを考えるなら天山(九三一空)に三種シナジーが最適なようです。彩雲も積むなら天山(九三一空)、彩雲、ソナー×1、爆雷投射機×1と言った感じでしょうか。

 対潜装備のシナジー効果に関しては、以前書いた新しい対潜装備「爆雷」の効果についての記事も参考にしてください。